お知らせ

Osmoの単位面積当たりの使用量と荷姿の変更について

平成24年7月に土木学会から、けい酸塩系表面含浸工法の設計施工指針(案)(コンクリートライブラリー137)が刊行されました。指針(案)では、現場での薬剤の希釈を認めず、原液での塗付が求められました。また使用量も容量(ml)ではなく重量(g)で表示することになりました。上記指針(案)の制定にともない、使用量、荷姿を下記のように変更させていただきます。

使用量
(現行) 1m2当たり 2倍希釈液100mlを2回塗布 計200ml(原液100ml)
(改定) 1m2当たり 原液100gを2回塗布 計 原液200g
荷姿
(現行) 16ℓ(20㎏)
4ℓ(5㎏)
160m2施工可能
40m2施工可能
(改定) 20㎏
10㎏
100m2施工可能
50m2施工可能

尚、1m2当たりに使用する薬剤の成分量、性能に全く変更はございません。現場で希釈できなくなった為、区切りの良い使用量になるように製造過程で水分量を調整致しました。

ご不便ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。尚、現行のOsmoに関しましては、従来通りの施工方法でご使用いただきまして問題ございません。現行の製品に関しましては充分な在庫を用意しています。すでに技術提案にご採用いただきました皆様にはご変更いただくことはございません。ご不明の点につきましては弊社にお問い合わせください。

設計単価の変更
Osmoの材料費を3,100円/m2から2,000円/m2に変更しました。材工共の単価は従来通り3,500円/m2です。

Osmo2倍希釈タイプの販売終了のお知らせ

Osmo2倍希釈タイプは在庫が僅かとなりました。在庫が無くなり次第販売を終了いたします。ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。今後は製造過程で水分量を調整しました(希釈済み)「Osmo 原液タイプ」をご使用ください。

トップページへ